カードローン審査の流れ

キャッシング

カードローンは申し込みさえ行えば誰でもが作成できるというものでもありません。必ず審査が行われるのです。審査をスルーすることができて始めてカードローンを利用できるということになるのです。カードローンの申し込みが行われると即座に審査が行われます。審査のポイントはいくつかあるようですが、基本的には返済能力がある人なのかどうかをチェックされるのだと思っておいて良いでしょう。そのためには定職についているということと安定した収入が毎月入ってくるということが大前提となります。収入面や勤務先に勤続年数、現住所での定住年数などをチェックされて返済能力があるのかどうかの判断がされるのです。お概ねの審査はこの部分だけで性別やどこに住んでいるのかというようなことは基本的には関係ありません。審査項目をパスすることができればカードローンの申し込みが本当に本人からの申込かどうかイタズラの申し込みでないか、勤務先に本当に勤めているのかどうかなどを確認するために本人確認の電話が勤務先などに入ってくる場合があります。これら一連の流れの中で運転免許証や健康保険証などの身分証明証の提出を行う場面があり、場合によっては所得証明書などの提示を求められるということになります。全ての審査が完了してしまえば後はカードローンのカードが発行されるのを待つだけとなります。最近では審査さえ終わっていれば希望すれば必要な融資金額をカード発行前に自分が指定する銀行口座に振り込んでくれる場合もあるようです。

使用用途について

カードローン

カードローンが人気がある理由の一つに自由度の高さという部分があります。住宅ローンや教育ローンなどの使用用途が決まっているローンとは違いカードローンはどんなことに利用しても基本的には問題がありません。生活資金に回しても旅行の費用に回しても遊興費に利用しても何の制限もなく利用ができるのです。これは利用者にとっては非常にありがたいことです。もちろん、カードを作成したからといってすぐに利用しないといけないというわけでも当然ありません。世の中には作成しても利用していない人は大勢います。そうした人たちは本当に何かが起きて困ったときに利用したら良いと思っているようです。唯一、カードローンの利用に際して利用制限がかけられていることがあります。それは事業資金への転用が禁止されているということです。一般のサラリーマンですと全く関係がないこととなりますが、自営業者などですと自分の金と事業のお金との区別というのがつきにくいものです。ついつい引き出してきたお金を事業資金に利用してしまうというようなことはあり得ないことではないのです。カードローンはあくまでも個人向けの小口融資であって法人向けの融資ではないのです。法人として利用したいのなら法人用のカードローンを作成して利用しなくてはいけないのです。このようにカードローンは自由度が高いのでついつい利用しすぎてしまうという傾向があります。あくまでも必要なときに必要なだけ利用するということを心がけて利用しましょう。

参考サイト

即日入金なら! 即日入金キャッシング