カードローンの申し込みはだれでも出来るのか

カードローンは簡単に申し込みができて審査もスムーズに終わる。発行までにも時間を要さないという至極便利なカードとなっています。しかし、誰でもがカードを作成出来るのかというとそういうわけでもありません。一定の制約はあるのです。前提として年齢での制限があります。20才以上であるということ70才未満であるということが一番の条件となってくるのです。収入が安定していない、収入がないと思われるような未成年者や高齢者にはお金の貸出は行われないということになるのです。年齢の枠内であっても決まった仕事に就いて毎月定額の収入があると見込める人にしかカードローンは作成することは出来ません。収入が見込めない人は返済能力があるとは見られないためにカードの作成ができないのです。また、すでに他社からの借入が多い人、いわゆる多重債務者と思われる人にもカードは発行されません。今までに延滞などを繰り返している人にも厳しい結果が待っていることになるでしょう。過去に破産や任意整理などの金融事故を起こしている人に関しても一定期間はカードを作成することはできなくなっています。これらのことは自己申告をしなかったとしても審査の過程ですぐに分かってしまいます。隠して申込をしてもムダなことになるのです。このようにカードローンを持つことができるということは一定の社会的信用があるということになります。せっかくの信用をなくしてしまうことのないように利用の際には計画性を持って使っていきたいものです。