総量規制について

過去においてお金を消費者金融などから借りすぎて破綻をするという人が大勢発生していました。それはキャッシングなどにおいてお金を貸し出すかどうかは消費者金融ごとに判断をしていたためだと言われています。個人のお金の借入状況に関して十分に消費者金融同士で共有できていなかったということが大きな原因となっていたようなのです。数年前に貸金業法が改正され総量規制という法律が施行されたことにより、こうした無理な貸出というのは大きく減少し状況はかなり変わってきました。破綻する人が大きく減少してきているのです。総量規制は個人がお金を貸金業者などから借り入れを行う際に年収の三分の一以下までしか借り入れをすることが出来ないと決めたものです。この法律を遂行していくために貸金業者である消費者金融や信販会社は個人の借り入れ状況といったものを共有しています。そのおかげで無理な貸出し、返済能力以上の貸出が大きく減ったのです。ただし、銀行のカードローンに関しては総量規制の対象外となっています。これは銀行が貸金業者ではないためで法律の縛りを受ける対象外となっているからです。そのため、消費者金融などで総量規制に引っかかり借入を出来なかった人でも銀行のカードローンなら申し込めば作成できる可能性があるということになるのです。銀行の審査は厳格なために必ずしもカードローンを申し込んで審査にスルーできるとは限らないのですが可能性は残っているということになります。